FC2ブログ

こころひとつ歌いたい

野口雅史のブログ (オペラ・声楽)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日出演のお知らせ

明日、いよいよです。
合唱団にいがた25周年記念演奏会
フォーレ作曲「レクイエム」
※三大レクイエムの一つで、荘厳かつ優雅で、時折ドラマティックさもあるレクイエムです。ソプラノソロは鈴木愛美さん。
ベートーヴェン作曲「合唱幻想曲」
※ピアノコンチェルトに合唱と6名のソロを併せもった豪華で短編の交響楽。賛美と感謝の歌。
僕はバリトンソロを歌います。
歌うところは多くないですが、大きな空間でオーケストラと声をひとつにして歌う時間というのは、実に3倍くらいの体感があります。
フォーレのバリトンソロは好きな人が多いですのですが、確かに名旋律で歌っていても心奪われます。こういうのを、さらっと密かに熱く歌うのが難しいです。
ぜひお越しくださいね!当日券もあります。
2018.9.9 sun. 14時開演  新潟県民会館
管弦楽:新潟交響楽団
指揮:箕輪久夫、坂井悠紀
チケット:指定席2000円、自由席1500円 

http://www.gatakyo.com/img/posters/g-niigata25.pdf
http://www.gatakyo.com
スポンサーサイト

お寺のコンサート

明日、新潟市秋葉区のお寺さんでコンサートをします。
後半はご住職や近隣の子どもたちとコント劇ミュージカルもやります。
薔薇も投げます。
気楽な投げ銭ライブなので是非来てください。
マル秘㊙️稽古風景

台湾茶

テレビで台湾茶の専門店をやってて、これは行かねばと東京の西荻窪へ。
仕事のついでですが。
特にお茶が好きな訳ではないけど
茶の入れ方がすごいのだ。

水遊びみたい。
これがちゃんとした台湾茶の入れ方なんだそうだ。

湯呑みに茶を注いで
もう一つの湯呑みをかぶせて
ひっくり返して、
空の湯呑みの香りをかぐ。
あ、台湾茶=烏龍茶です。
でも、甘いミルクのような香り。
ヘェ~~とテレビで有吉が言ってたけど、本当にそうでした。
そういえば日本の茶道も奥が深い。


なにせ店主の方の台湾茶への入れ込む姿が素晴らしいと思った。

そしてあまりにタンタンとしている。


こういう人がすごいなあと思う。





店はマンションの1階。
席はたった4席。

お湯を注げばあと7回ぐらいは出ますよ、と言われたけど、そんなに長居していいのか。。
すごく狭いのに、時間がゆっくり流れていた。
店主の考え方が
儲けたくてやってるんじゃないんだなあ。

ウェルカムティーの紅茶は、、
小さい~~


味より、時間の重みを感じてしまった。
行ってよかった。

江南区文化会館 歌声コンサート

本番の模様

モーツァルト オペラ魔笛のパパパの二重唱。
ソプラノ西谷純代さん。ピアノ石井玲子さん。
   
百万本の薔薇↓

かなりや↓    

あざみの歌↓


今回は発声練習コーナーをやったり、歌もゲストも盛りだくさんで、お客さんと歌い合う時を過ごしました。
まだ来たことない方は是非次回来てください。
8/23朝の歌声コンサートの方も宜しくお願いします。

先日のコンサート

6/5コンサートにお越しくださった方にはありがとうございました😊
遅くなりましたが、コンサート後に撮った写真をいくつか。

ロビーで独り写真を撮っていたら、初対面のアマリアさんとはほとんど話せなかった。
こんな星屑のステージで歌うと最高の気分でして、歌も調子がよくなります。


毎度感じることですが、江南区文化会館のスタッフの方々は照明プランから、リハーサルから、とにかく抜かりない。徹底的でズゴイ。
素敵な光の演出ありがとうございました。
ということで、ロビーで独り撮っていた写真はこちら。

坊主にしてから長らく画像がそのままだったので、これからブログのプロフィール画像に使おうと思います。
これからも宜しくお願いします。
野口雅史

Top|Next »

HOME

野口雅史

Author:野口雅史
のぐちまさふみ ~バリトン,baritone~
バリトンは低い男声、ダンディな魅力があります。
そこに夢と優しさをブレンドして、
聴く人と僕が
今生きていることを感じあいたい。
腹から声を出しています。笑
歌う曲はノージャンルです。

お名前:
メールアドレス:
メッセージ:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。